G.i-Japanもう一つの役割

藍染とは?

 藍染は、人類最古の染め物とも言われています。現存する最古の藍染は、約4000年前のミイラを包んだ布にあり、日本の最古のものは、正倉院にある「縹縷(はなだのる)」と呼ばれる絹縄で、天平勝宝4年(752)の大仏開眼会で用いられたものです。

 

(写真は縹縷 宮内庁ホームページから)

 飛鳥・奈良時代は土に穴を掘り、染液を作っていたようですが、平安時代になって甕を使うようになります。室町時代には“すくも”が発明され、染液を加温して一年中藍染が出来るという日本独特の技法が確立されました(G.i-Japanの扱う藍染は、この技法で染められています)
 

 日本の藍染は、「ジャパンブルー」と呼ばれています。明治時代に来日したイギリスの化学者アトキンソンが、日本の藍を評した言葉と言われていますが、当時の日本は、人も物も青(藍染)ばかりで、明治20年に来日したラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の「東洋の第一日目」という随筆に、日本の青のことが書かれています。それは、人力車で横浜の外人居留地から町へ一歩踏み込んだときのお話しです。

 

 <まるでなにもかも、小さな妖精の国のようだ。人も物もみんな小さく、風変わりで神秘的である。青い屋根の小さな家屋、青いのれんのかかった小さな店舗、その前で青い着物姿の小柄な売り子が微笑んでいる。>

 それらを「名画のような町並みの美しさ」とラフカディオ・ハーンは書いています。つまり、町並みもそこに含まれる人も物もみんな美しい青色だったのです(新編「日本の面影」角川ソフィア文庫)。

 

 この美しい日本の青が、突然日本から消えてしまいます。

 

 明治30年ころ、石炭由来の合成藍が日本に輸入されました。合成藍とは、石炭からコークスを取り出した後のコールタールから発見された、ほぼ100%のインディゴ(藍)のことです。100%とは純粋ということですから、それをインディゴ・ピュアーと今でも呼んでいます。これを使って化学的に染液を作ることによって、藍染が簡単に大量に生産されるようになったのです。

 藍草に含まれるインディゴ(藍)の成分は、多くても5%ですから、量の比較だけでも、藍草と合成藍とではとても競争になりません。日本中の紺屋が合成藍に飛びつき、それまで高価に取引されていた藍草の相場が総崩れして、日本中の藍農家が藍作を止めてしまい、日本の伝統的な藍染は滅びたといっても良い位になってしまいました。それは現在でも同じです。

 ところが、合成藍の藍染は当時本物を知る日本人から拒絶されてしまいました。合成藍の藍染は色が黒い、匂いがきつい、色が落ちるし移る
。こんなものは藍染じゃないと、合成藍の藍染も使われなくなり、日本から藍染そのものが無くなったといってもよいほどになりました。

 栃木県佐野市も藍染の産地でした。明治30年ころには、六十数軒の藍農家が組合を作っていました。幕末の佐野の代表的な藍師が、田中正造です。

 明治39年に組合は解散し、ただ一軒残っていた藍農家も、明治42年に藍作を止め、佐野から藍が消えたのです。ご多分に漏れず、合成藍の輸入による藍草の相場が大崩したためでした。

 埼玉県の深谷市も、藍の産地でした。代表的な藍商には、日本の資本主義を確立した渋沢栄一がいます。深谷も藍作がなくなり、藍畑はネギに変わり、現在の深谷ネギとなっています。

 現在、藍農家も藍師も数えるほどしか存在せず。当然、日本の伝統の藍染も僅かとなっています。

 

<佐野藍復活プロジェクト>

 

 そこで2012年、佐野市の有志が集まり、藍草の栽培から藍染までを復活させようとする動きが始まりました。それが「佐野藍復活プロジェクト」です。

 

 現在、藍農家も二十数軒となり、お隣の足利市、太田市にも広がりつつあります。

 藍師は現在2名。

 染師も一人ですが、佐野に藍建てを学びに全国からいらっしゃり、九州や大阪などに広がりつつありますし、佐野市でも、小さいながら二人増える予定です。