①.藍農家への支援(藍葉の買取と販売代行)

 藍農家を育成しても、藍葉が販売できなければ農家は成り立ちません。

 G.i-Japanでは、藍葉を買い取り、農家の藍葉の販売を代行します。

 これによって、藍農家は売り先を探さなくて済むようになります。

②.藍師への支援(蒅(すくも)の買取と販売代行)

 蒅(すくも)を作る職人を「藍師」と呼びます。

 藍師がすくもを作るには、原料となる藍葉が必要ですが、それを買い集める手間をG.i-Japanが代行します。

 出来上がった蒅(すくも)はG.i-Japanが買い取り、染師への販売を代行します。

 藍師は、作った蒅(すくも)の販売先を探す必要がなくなります。

③.染師への支援(作品の販路開拓やビジネス化をサポート)

 染師は、G.i-Japanから蒅(すくも)を仕入れることが出来ます。しかし、染めたものを販売できなければ、仕事として成り立ちません。

 G.i-Japanでは、作品の販売チャネルの開発、販売、デザイン、縫製、原料調達など様々な支援を行いビジネス化を後押しします。
 染師が仕事になれば、藍農家も藍師も仕事になりますから、佐野藍そのものの復活を図ることが出来ます。